気になる団子鼻を整形手術で美しく

東洋人の顔立ちにも多いのが団子鼻であり、顔の印象を決定する要素になるので、コンプレックスに抱える人の数は少ないものではないです。自分で行うスキンケアだけでは、鼻の形状を変えることは困難になりますが、医療でも手術を駆使することで、理想的な鼻を手に入れることは夢ではなくなります。鼻の形状が手術で整うことにより、これまでとは顔の印象自体が大きく変わり、美しい印象を手に入れます。経験も多いドクターのもとで、顔の印象を左右する鼻の手術は行うべきです。入院を伴うような大掛かりな手術ではないものの、鼻への美容医療の効果は確実であり、仕上がりは美しい顔のパーツを実現してくれます。無理に自分で強いマッサージをするよりも、美容医療の力に任せるのが悩み解消の糸口です。

団子鼻は美容整形で理想の形状に

鼻先にある軟骨の形状の状態が、イマイチしっかりとしていないとか、鼻先における皮膚の状態が、普通より広いことで、団子鼻に見えるようになります。小鼻から鼻先の軟骨へ手を加える方法で、鼻の見た目は大きく変わりますし、縫い寄せるだけの簡単な美容整形で、シャープな鼻を表現することが可能です。縫い合わせた手術の跡に関しては、外から傷跡が見えませんので、周囲にはバレにくくて、手術を行ったあともナチュラルな仕上がりになります。骨を削るというのは大きな勇気と選択が必要ですが、医療用の糸で縫い縮めるだけの施術であれば、大きな迷いを持たずにトライができます。糸を入れた傷跡も最小限で済みますので、術後はすっきりとした鼻のラインを手に入れて、生まれつきの鼻美人のように振る舞うことができます。

理想的な横顔になるのも鼻の形しだい

団子鼻を美容整形手術で変えることにより、Eラインと呼ばれる横顔の、理想的なラインを完成させることにもなります。鼻とあごを結んだラインのことをEラインと呼びますが、Eラインの線上に唇があること、これが横から見た時の美人顔の条件です。唇とあごと鼻のラインが、一直線上に有ることで、横から見た時の顔のバランスは、誰が見ても美しいと感じる要素となります。顔を正面から見た時に黄金比があるように、横顔を見たときにもバランスの良い黄金比が存在をします。正面からだけではなく、横顔を見たときにも顔立ちが整っている、理想的な黄金比を叶えることができるのは、美容医療の力があってなのです。鼻は美容整形により高くしたり、幅の調整をすることは可能であり、誰もが憧れる鼻を手に入れることができます。